読谷村のご紹介の画像

読谷村のご紹介

読谷村

◎読谷村のエリア特性◎
■美しい自然と豊かな伝統文化を育む村「読谷村」
読谷村は、沖縄本島の中部、西海岸に位置し、東には緑濃い山並み、西は東シナ海にカギ状に突き出した半島の村です。南は「比謝川」を境に嘉手納町と隣接しています。

■“THE沖縄!”な写真が撮れるフォトジェニックな村「読谷村」
エメラルドグリーンの青い海・サトウキビ畑の緑・村花:ブーゲンビリアの赤・電照菊の黄色、、、昼夜問わず、すてきなお写真が撮れるスポットがいっぱい!
村魚はジンベエザメで、都屋漁港沖にある大型生け簀で飼育もしています。10m~12mにもなる世界最大の魚類ジンベエザメと一緒に泳ぐ体験もできるそう。
読谷村には古くから読谷山花織・「やちむん」こと焼き物などの伝統工芸品や、村内各地に民族芸能が伝承され、歴史、風土、伝統文化が色濃く残っています。

■2014年1月1日「日本一人口の多い村」に!
「イオンタウン読谷ショッピングセンター」「サンエー大湾シティ」「イオンタウン読谷座喜味」など、ここ数年で買い物も便利な村になってきました。
今後も開発がすすみ、住みやすい場所になっていきそうです。
小学校は全4校。上から渡慶次小・読谷小・喜名小・古堅小・古堅南小。座喜味には沖縄クリスチャンスクールインターナショナルがあり、外国人も多く住んでいます。

★2月開催、沖縄県内最大級の「読谷やちむん市」
さまざまな形・色・模様をした陶器がならぶやちむん市。最近では、来場者約2万人にもなり、県外

からも足を運ぶ人がいるほど。村内各工房から選りすぐりのやちむんを通常価格の3、4割引きで購入できるとても人気なイベントです。

★10月後半ごろに開催される「読谷まつり」
毎年約8万人が訪れる読谷村最大のイベント。かっこいい進貢船(しんこうせん)が見れたり、子どもからお年寄りまでが出演する数々の舞台、読谷山花織や農産物の即売会など、地元住民が身近に参加しています。
読谷まつり前日には、平和コンサートが開催され、沖縄のアーティストを無料で、すごく間近で見れる穴場イベントです!あと、揚げパンがおいしいですよ♪
そのほか、「琉球ランタンフェスティバル」や「ハーリー大会」など、地元で楽しめるイベントがたくさんあります!

■読谷村のパワーアップキャラクター とってもかわいい「よみとん」
お母さんが大の紅イモ好きで、体の模様が紅イモ風に生まれた。 本人は、「なんて個性的なんだ!」とその体を気に入っている。 それがきっかけで、ファッション関係に進む。 ヨーロッパ等で観光やアートを学び、故郷「読谷」に戻ってきたのは、ちょうど一年前。 読谷の特産物を海外に広めていくのが夢。
~読谷村観光協会サイトより~


”読谷村”おすすめ記事

  • 自然豊かで生活に困らない地域!読谷村の住みやすさについてご紹介の画像

    自然豊かで生活に困らない地域!読谷村の住みやすさについてご紹介

    読谷村

もっと見る