不動産における終活とは?整理する方法や注意点もご説明の画像

不動産における終活とは?整理する方法や注意点もご説明

不動産のおはなし

不動産における終活とは?整理する方法や注意点もご説明

子どもたちが巣立って定年を迎えると、少しずつ身のまわりの整理について考えるようになるものです。
残された家族に迷惑をかけないために財産の分配をすすめようとしても、不動産の場合は現金などとは異なり簡単ではありません。
この記事では、不動産を終活するやり方として整理する方法と注意点をご説明するので、不動産の終活を予定している方はお役立てください。

不動産を終活するやり方~終活とは

終活とは、人生の終わりを迎えるための活動を意味しています。
少子高齢化に伴い高齢者だけで暮らすケースが一般的になり、人生の最期に向けて元気なうちから準備する必要性が生まれています。
身の回りの整理だけではなく、相続を円滑に進める計画のほか、葬儀や墓の準備などを自らでおこなうのが終活の取り組みです。
なかでも、マイホームの整理に苦慮している方からの相談はあとを絶ちません。
マイホームを残しておくと家族が相続で揉める原因になる可能性があり、空き家が社会問題になっているのも、早めに整理したいと考える方が増えている理由でしょう。
一方で、家の終活をおこなうために売却すると、そのあとの住居に困るケースもあり注意しなければなりません。

不動産を終活するやり方~整理する方法

不動産を整理する方法は、売却のほか生前贈与や遺言書などがあります。
土地や建物は相続する際に分配するのが難しいので、売却により現金化しておくと取り扱いやすくなります。
生前贈与の場合には、生きているうちに引き継いでもらいたい方に対して自分で気持ちを伝えられるので、トラブルになる可能性を抑えられるでしょう。
また、遺言書により遺産分割における自分の意思を残しておくのもトラブル防止に効果的です。
元気なうちに家族と話し合ったうえで遺言の内容を決めておくと、遺族が揉めるのを回避できるでしょう。

不動産を終活するやり方~整理するときの注意点

マイホームに住宅ローンが残っている場合は、団体信用生命保険の加入の有無により扱いを考える必要があるでしょう。
保険に加入していると死亡に伴いローンの返済を免れますが、未加入の場合には相続人がローンも引き継がなければなりません。
また、数人で持分を保有すると、好条件の買い手が見つかっても誰か1人が反対すると売却できません。
相続後に数年が経過し、相続人のなかで亡くなる方がでてしまうと、さらに複雑な処理が必要になります。
そのため、不動産の相続人はなるべく1人に絞っておくのが、そのあとのトラブル防止に効果的です。
さらに、相続人には相続税がかかるため、税金対策も注意点の1つにあげられます。
生前贈与により贈与税を納めるほうが、相続よりも少ない金額で済む可能性があります。
ただし、生前贈与には不動産所得税がかかるほか登録免許税も高額になるので、どの対応が得になるのかを慎重に見極めましょう。

まとめ

元気なうちから身の回りを整理しておくと、亡くなったあとに、残された家族が困らずに済むでしょう。
不動産の終活には難しい判断や手続きが多く、やり方を理解できない方もいらっしゃいます。
その場合、専門的な知識をもつ弁護士に相談するのが得策かもしれません。
沖縄県中頭郡嘉手納町、読谷村の不動産のことならとくざと住建にお任せください。
お客様のご要望に真摯に対応させていただきます。
ぜひ、お気軽にお問い合わせください。


”不動産のおはなし”おすすめ記事

  • 沖縄にある軍用地の購入方法とは?目的に合った選び方もご紹介の画像

    沖縄にある軍用地の購入方法とは?目的に合った選び方もご紹介

    不動産のおはなし

  • 相続税対策として軍用地購入をお考えの方向け!相続税評価額についても解説の画像

    相続税対策として軍用地購入をお考えの方向け!相続税評価額についても解説

    不動産のおはなし

  • 空き家の固定資産税が6倍になる条件とは?対策方法も解説の画像

    空き家の固定資産税が6倍になる条件とは?対策方法も解説

    不動産のおはなし

  • 傾斜地の土地を購入するメリットとは?購入時の注意点も解説の画像

    傾斜地の土地を購入するメリットとは?購入時の注意点も解説

    不動産のおはなし

  • 「読谷村」の子育て支援は何がある?2つの制度について内容や要件を解説の画像

    「読谷村」の子育て支援は何がある?2つの制度について内容や要件を解説

    不動産のおはなし

  • 住む場所の決め方!決める際のポイントやファミリー向けの条件などもご説明の画像

    住む場所の決め方!決める際のポイントやファミリー向けの条件などもご説明

    不動産のおはなし

もっと見る