傾斜地の土地を購入するメリットとは?購入時の注意点も解説

不動産のおはなし

傾斜地の土地を購入するメリットとは?購入時の注意点も解説

傾斜地と聞くと、家を建てるのには不向きじゃないか?と思われる方も少なくないでしょう。
一般的には平らな土地に家を建てる方が多いですが、傾斜地ならではの魅力やメリットもあるのをご存じでしょうか。
そこで今回は、傾斜地とは何か、傾斜地を購入するメリットや注意点も解説します。

傾斜地とはなにか

「傾斜地」とは傾斜、つまり傾いて斜めになっている土地のことを言います。
「傾斜地」は、建築基準法ではとくに言葉の定義がされてはいませんが、不動産業界では一般的に使用される言葉です。
斜めになっている土地と聞くと、家を建てるには不向きのように感じる方もいらっしゃるでしょう。
しかし、家が傾かないようにするための工事など特殊な工事をすることで、「傾斜地」を活かした家づくりも可能になります。

傾斜地を購入するメリットとは?

まず、傾斜地を購入するメリットとして、「平らな土地に比べ、比較的安く購入できる」ことがあげられます。
平らな土地と比較すると、傾斜地のほうが土地代が安い傾向にあります。
土地代を抑えられる分、建築に費用を充てることが可能になるので、住宅設計やデザインにこだわりたい方にもおすすめです。
また、「外から覗かれにくい」こともメリットでしょう。
傾斜地に家を建てることで、周囲の家が自分の敷地より低い場合には、外から覗かれにくくプライバシーを守りやすくなります。
ほかにも傾斜を活かして、「眺望の良さを活かした家を建てることができる」といったメリットもあります。

傾斜地を購入するときの注意点について

傾斜地のリスクとしてまず考えられるのが、「災害に弱い」ことです。
地盤が軟弱であったり、急な傾斜地であると、地震や大雨などでがけ崩れを起こす可能性もあります。
この場合、地の斜面が崩れないようにするために、擁壁(ようへき)工事が必要になることがあります。
また、傾斜地に家を建てる場合は、地盤調査をおこなって地盤の状態や安全性を確認し、場合によっては地盤改良をおこなう必要があります。
なお、地盤の改良や工事などには費用は高くつくので、購入の際には土地代以外にも費用がかかることを頭に入れておきましょう。

まとめ

「傾斜地」とは傾いて斜めになっている土地のことで、住宅には不向きな土地なように思われますが、傾斜地を活かした家づくりも可能です。
また、傾斜地を購入するメリットとして、「平らな土地に比べ、比較的安く購入できる」ことなどがあげられます。
傾斜地は、災害に弱いことがリスクにあるので、地盤改良や工事をおこなう必要も出てくるので、費用も高くなります。
沖縄県中頭郡嘉手納町、読谷村の不動産のことならとくざと住建にお任せください。
お客様のご要望に真摯に対応させていただきます。
ぜひ、お気軽にお問い合わせください。


”不動産のおはなし”おすすめ記事

  • 沖縄にある軍用地の購入方法とは?目的に合った選び方もご紹介の画像

    沖縄にある軍用地の購入方法とは?目的に合った選び方もご紹介

    不動産のおはなし

  • 相続税対策として軍用地購入をお考えの方向け!相続税評価額についても解説の画像

    相続税対策として軍用地購入をお考えの方向け!相続税評価額についても解説

    不動産のおはなし

  • 空き家の固定資産税が6倍になる条件とは?対策方法も解説の画像

    空き家の固定資産税が6倍になる条件とは?対策方法も解説

    不動産のおはなし

  • 「読谷村」の子育て支援は何がある?2つの制度について内容や要件を解説の画像

    「読谷村」の子育て支援は何がある?2つの制度について内容や要件を解説

    不動産のおはなし

  • 住む場所の決め方!決める際のポイントやファミリー向けの条件などもご説明の画像

    住む場所の決め方!決める際のポイントやファミリー向けの条件などもご説明

    不動産のおはなし

  • 不動産における終活とは?整理する方法や注意点もご説明の画像

    不動産における終活とは?整理する方法や注意点もご説明

    不動産のおはなし

もっと見る