不動産投資ローンの融資を受ける流れとは?条件や金利も解説

不動産投資ローンの融資を受ける流れとは?条件や金利も解説

近年、年金問題などが加速するなか「不動産投資」が注目を集めており、実際に始めることを検討している方も少なくないかと思います。
しかし、不動産投資で失敗しないためには、しっかりと知識を身につけ、融資の流れや条件を知ることも大切でしょう。
そこで今回は、オーナーになるために融資を受けるまでの流れや、不動産ローンの条件、金利について解説していきます。

不動産投資で融資を受けるまでの流れ

不動産投資でオーナーになるために融資を受けるまでの大まかな流れとしては、「融資面談」「申込」「審査」「契約」「融資実行」となります。
まずは銀行などの金融機関で、融資をしてもらうことは可能かどうかの「融資面談」をおこないましょう。
この融資面談の際には、自己紹介資料や物件資料などを基に融資担当者が事前審査をおこない、通れば本審査への申込ができます。
本審査も通った場合は、融資限度額や期間などの条件案内を経て、契約手続きへ進み、設定した融資実行に融資額が振り込まれることとなります。

不動産投資ローンを受けるために必要な条件

先述したように、不動産投資ローンを契約するためには「事前審査・本審査」に通る必要があります。
この審査で見られる条件としては、「個人の属性」「自己資金」「物件」の観点が挙げられるでしょう。
安定した返済が可能かを判断するため、勤務先や業種、勤務年数、年収、家族構成などの個人の属性は一つの審査条件です。
自己資金が多い場合は頭金を多く入れることができるため、それにより返済比率を下げることが可能です。
また、不動産ローンの返済資金は家賃収入が大半となるため、物件の利回りについても具体的に審査されることとなるでしょう。

不動産投資ローンの金利

不動産投資ローンの金利については、「固定金利」「変動金利」の2種類があります。
固定金利は、返済完了まで同じだけの金額を支払う方式で、変動金利は半年ごとに見直される方式です。
固定金利のメリットは「返済計画が立てやすいこと」で、変動金利のメリットは「金利が下がった場合はローン返済額も下がること」です。
それぞれメリットがあるため、どちらが良いとはいえませんが、将来を見据えてしっかり検討することが大切でしょう。

まとめ

不動産投資でオーナーになるために融資を受けるまでは、「融資面談」「申込」「審査」「契約」「融資実行」が大まかな流れとなります。
不動産投資ローンの審査で見られる条件としては、「個人の属性」「自己資金」「物件」の観点が挙げられるでしょう。
金利には「固定金利」と「変動金利」の2種類があり、それぞれメリットがあるため、どちらを選ぶかは将来を見据えながら検討しましょう。
沖縄県中頭郡嘉手納町、読谷村の不動産のことならとくざと住建にお任せください。
お客様のご要望に真摯に対応させていただきます。
ぜひ、お気軽にお問い合わせください。